TOP > 新着情報

新着情報

 ビールの麦汁  11.02.28

こんにちは。
朝早くからビールの仕込中です。

麦芽を糖化釜で数時間、濾過槽で濾過を行いビールの原料「麦汁」搾りに数時間、煮沸釜に「麦汁」を溜めて設定量になったら煮沸を数時間行います。
DSC00352.JPG
煮沸釜に麦汁を溜めている最中。もうしばらくしたら煮沸を始めます。
まだまだ長い。

 缶ビールの某所  11.02.20

こんにちは。
缶ビールがある某所のまわりの画像です。
DSC00339.JPG
今日は日曜日。天気も良くて、でもちょうどお昼なのでこんな感じです。

 缶ビールの事。  11.02.20

こんにちは。
缶ビールの資材は工場から離れた札幌市内の某所にあります。
DSC00337.JPG
1メートル四角ほどのパレットに厚紙で仕切られて積み上げっています。

 濾過機の窓  11.02.18

こんにちは。
ビール濾過の最中の画像です。
DSC00334.JPG
ビールの濾過機に窓があり、その窓を見てきれいになったか、まだ濁っているか確認します。
...きれいですね。

 今日もビールの濾過  11.02.18

こんにちは。
最近ビールの濾過ずいています。「濾過ずいている?」
2~3日前にも2回ほど前にも濾過を行い、今日も濾過。
しかも数日前に仕込んだビールの糖度も下がり、色々と...です。

仕込んだビールの糖度が下がった?
ビールを仕込んだ当初の液体に含めれる糖の分量を糖度計(比重計)で測り、限界点近くまで糖分が少なくなったらタンクを閉鎖して加圧する。なのです。

 ビールの仕込中  11.02.14

こんにちは。今日は朝早くからビールの仕込中。

仕込み釜に入れた大麦麦芽をお湯と混ぜて糖化中です。

DSC00330.JPG<糖化の工程は温度を変えながらおおよそ2時間、だんだんと甘くなっていきます。

 さっぽろ雪まつり  11.02.11

こんにちは。7日から始まった雪まつりも残すところ3日。
それにしても今年は結構忙しい日が続いていました。

と言うわけで、11日お昼のススキノ氷まつりの風景です。
DSC00324.JPG
日差しも眩しく、溶けていますね。

 さっぽろ雪まつり  11.02.07

こんにちは。今日からさっぽろ雪まつりが開幕です。

ススキノ会場には歩いて10歩ですが、今日は朝早くからビールの仕込みを行っていて、出勤してからずうっと地下で作業をしています。

薄野地麦酒の工場に入るには必ずススキノ会場の前を通るので毎朝眺めることにはなるけれど、やたらと早い朝に見る氷像はなんだか目に眩しくて...。

 さっぽろ雪まつり  11.02.04

こんにちは。今日から氷像、市民雪像の製造が始まったようです。
昔々雪像を二回ほど作ったことがあります。

一回目は同業者組合のイベントで中雪像を作りました。
雪像はビルのように大きな大雪像、それより少し小さな中雪像。ここまでは工事現場にある足場を組んで、その上で作業を行います。
中雪像の時は足場の高さが3~4段ほどあり、1日しか参加しませんでしたが、なんだか一生懸命に雪像に雪を貼り付けていました。

二回目は市民雪像です。
市民雪像は小さくて、2メートル四角程度の雪のキューブを渡されます。
最初はそれをとにかく削ります。崩れてこないように固めているので、これが雪とは思えないほど、とにかく硬い。
四角の塊を削り、おおよその形を作りまで随分と手こずった記憶があります。

そんなさっぽろ雪まつりのしばれる話でした。
雪の中で飲むビールはきっと美味しいはず。

 さっぽろ雪まつり  11.02.03

こんにちは。2月7日からさっぽろ雪まつりが開催されます。
メイン会場は札幌大通公園ですが、ススキノでも氷まつりが開催されて、夜の時間はとてもにぎわいます。
夕方帰る時にはなにもなかった車道に、ある朝突如会場が出現します。
片側2車線道路のうち左右1車線をつぶして閉鎖され、氷の板が積み重ねて置かれています。
どこからともなく氷職人さんがチェンソー片手に現われて氷像を作り始めます。
雪像を作る光景も壮観ではではありますが、氷像は作るのが早いので割とギャラリーが多いように思います。
開催を前に結構外国の方が熱心に見ています。

実は昔々雪像を作ったことがあります。
興味がなくても雪像づくりの話はつづく。